私が使っている多肉のお世話グッズ

こんにちは。100円縛りタニラーの「みーさん」です。

今まであちこちに書いてきましたが、私が使っている多肉のお世話グッズについてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

私がいつも使っている土は、花ごころの「さぼてん多肉植物の土」です。

どれにしたらよいのかわからなくて、 アマゾンで「Amazon’s Choice」だったから購入したのが最初でしたが、軽石が多くて水はけが良くて気に入っています。

今のところ、土のせいで多肉の調子が悪くなったことはないと思っています。

なお、「さぼてん多肉植物の土」 には、2L・5L・12Lの3種類の容量があるのですが、12Lは大粒で小さな多肉には向かないです。

「さぼてん多肉植物の土」をなるべくお安く購入するために、いつも比較している2つのサイトがこちら(私の場合は、最寄りのホームセンターより安く買えます)。

1:Amazon(送料無料)
あわせ買いで2,000円以上にならないと購入できませんが、安い時はとっても安い!

2:ヨドバシ.com(送料無料)
Amazonの最安値にはかないませんが、安定して安いです。Amazonより安いことも多々あります。

↓「ヨドバシ.com 花ごころ さぼてん多肉植物の土」をコピペして検索

私が購入する鉢は、基本的に3種類です。

↓左から、プレステラ105、ダイソー3個セット素焼き鉢(直径約8cm)、ダイソー4個セット素焼き鉢(直径約6.5cm)

素焼き鉢は水はけが良くて、多肉に一番向いていると思っています。

ただ、トレーに10個以上まとめて移動することが多々あるので、大きな鉢はプラスチック製で軽いプレステラを使っています。

プレステラも、スリットが入っていて水はけが良いです。

それから、セリアの吊り鉢3種。

吊り鉢

一番良く使うのが、真ん中の白い鉢です(色違いで黒も販売されています)。

左の鉢もそうなのですが、カバー鉢には穴が開いていないので、台風などの時にさっと室内に取り込むことができて便利です。

↓吊り鉢について詳しくはこちら。分解した写真もあります。

名札

多肉の名札は小さく横書きしています。

名札に横書きで名前を書いて、名前がギリギリ見えるくらい深く差します。そうすると、多肉にあたって傷をつけることもなく、多肉の上に影を作ってしまうこともなく、かわいい多肉ちゃんたちが並ぶ景観を損ねることもないのでおすすめです。

樹氷

最寄りのダイソーで名札を扱わなくなってしまってからは、クリアーファイルを切って名札を作っています。

↓詳しくはこちら。

トレー

鉢をまとめるトレーは、100均のメッシュトレー4種を使っています。

メッシュトレーは、そのまま水やりしても水切りが簡単なので便利です。

↓トレーについて詳しくはこちら。

多肉棚として、ルミナスのガーデンラックを3台使っています。

棚板がメッシュなので、風通しが良いです。

多肉棚

遮光ネット

遮光ネットは、ダイオ化成のカーテンタイプのものを利用しています。

遮光ネット

最初は、セリアのシルバーで遮光率45%のものを探したのですが見つからず。

それ以外の100均のものは黒ばかりで、マンションの外から見たら怪しい感じになりそうだったのと、遮光率が高かったので断念しました。

そこでネットで購入することになったのですが、白で大きさと遮光率の条件を満たしている中で一番安かったのが、このカーテンタイプのものでした(カーテンタイプは、上下に紐を通してカーテンのように開け閉めできます)。

タニラーさんたちのブログによると、天気に合わせて遮光ネットを付け外ししている方が多かったので、カーテンタイプなら便利だと思ったのですが・・・

設置してみてわかったのですが、風が吹くと勝手に開いたり閉まったりしてしまいます笑

結局、四隅をしっかり止めて使っているので、色や遮光率の条件が合えば、100均のものでも良さそうです。

・カイガラムシやアブラムシの予防として、オルトランDXを定期的に散布しています。

↓なお、オルトランは、先の細くなっている容器に入れて多肉の根元に散布すると、葉を汚さずに散布できます。

オルトラン容器

元々は、ダイソーの調味料入れです。フタ付きだと、残ったオルトランを入れっぱなしにできるので便利です。

それでも葉にかかってしまったときは、筆で落としています。

・カイガラムシ、アブラムシ、ハダニなどの害虫や病気が発生した時にすぐに対処できるように、ベニカXファインスプレーを常備しています。

・広範囲にハダニ対策をする時は、希釈して使用するタイプの薬が経済的です。ハダニは薬に耐性がつくそうなので、いくつかの薬を順番に使うようにしています。

・サビ病には、サプロール乳剤しか効果がないようです。我が家では、春~夏に発生するので、予防として初春・初夏に散布したほうがよいのですが、発生してからの散布になってしまいます・・・。サプロール乳剤を散布しても、発生したところは元に戻りませんが、それ以上広がることは抑えられます。

鳥対策

我が家では、早春に鳥被害がありました(鳥に多肉をつつかれて食べられてしまう)。

冬は大丈夫なので、春になって鳥の活動が活発になるからでしょうか。

↓わかりづらいですが、右側の二つの多肉棚の外側に、100均の防虫ネットを洗濯バサミでつけています。

多肉棚

100均の防虫ネットでは棚の一番上まで覆えなかったのですが、鳥被害はなくなりました。

一番左の棚は、ギュッとまとめてつけっぱなしの遮光ネットが「かかし」のような役割をしてくれているようです笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました