室内冬越し、パワーアップ!

多肉
スポンサーリンク

こんにちは。みーさんです。

前回ご紹介した突っ張りラック、今思えば、なぜ2つしか鉢を吊らなかったのでしょうね。

せっかく置き場所ができたのだから、寒そうに外で冬越ししているリプサリスたちも吊ることにしました(リプサリスは、直射日光を必要としないので)

また、ダイソーで購入したアイアンラックを利用して、いくつか鉢を置くこともできるようになりました。

多肉ラック

なんかゴチャゴチャしてますけど、見た目じゃなくて、日当たりを優先した結果ですからね笑

まあ、センスもないんですけど笑

そして、私のお気に入りが下からのアングルです。

多肉ラック

今はだいぶ落ち着きましたが、多肉にハマり始めた頃は、暇さえあればベランダで多肉を眺めていて、ベランダに住みたいと思っていました笑

この多肉ラックの下でゴロンとすると、その夢が叶ったような素敵な眺めを楽しめます。

室内に多肉を置けるって素晴らしい。

でも、室内に直射日光が当たるのは今の時期だけなので、暖かくなったらまた外に置かないと。

リプサリスは、室内の明るい場所で生育可能なので、このまま室内で育ててみようと思っています。

上の写真で、リプサリス(カスッサ)に花が咲いているの分かりますか?

↓アップ(2月8日)

カスッサ

かわいいし、いい匂いがするんです。

ジャスミンの香りのような、さわやかな匂いです。

↓その後、青柳も咲きました(2月18日)

青柳

青柳の方が花が開くので、華やかです。

リプサリスを室内で生育するにあたって一番気になるのが、花が咲くのかどうかということ。

今回は、おそらく花芽を作る準備が整った状態で室内に入れたと思うんですよね。

花芽を作るのに寒さが必要だとしたら、ずっと室内育ちだと咲かないのかもしれません。

とりあえず1年、様子を見てみようと思います。

↓多肉棚として愛用しているラックです。
屋外用なので丈夫ですし、風通しがいいです。
風を受ける部分がないため、台風直撃でもほとんど動きませんでした(多肉は下ろして、ベランダに平置きにします)
スポンサーリンク
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
↓ツイッター、インスタグラムはこちら!
インスタフォロワー3000人突破!ありがとうございます!
小さな多肉の成長日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました