リプサリス・プリスマティカ(須磨柳)の花

多肉
スポンサーリンク

こんにちは。みーさんです。

リプサリス・プリスマティカ(須磨柳)の小さなカット苗を1つ入手してから、2年たちました。

順調に成長していましたが、なんと花が咲きました!

花が咲くとは思っていなかったので、びっくり笑

リプサリスの中には美しい花が咲くタイプもあるのですが、プリスマティカはそうではないので・・・笑

↓美しい花が咲くタイプの代表、ピロカルパ(フロストシュガー)

それでは、花に至るまでの成長記録をご覧ください!

↓2年前の冬に入手し、夏になって新芽が出てきた頃

リプサリス

左がプリスマティカで、右はメセンブリアンテモイデス(女仙葦)。

本当に小さなカット苗でした。

↓現在

プリスマティカ

大きくなりました!

葉先は紅葉していてかわいらしいのですが、この部分はちょっとした衝撃で、ポロポロと落ちてしまいます。

寒さに強くはないのに、ベランダで管理しているせいかな。

さて、花は2つ咲いているのですが・・・わかりますか?笑

つぼみはたくさんついているのでわかるかも。

↓つぼみ

プリスマティカ

少し時間を戻して、11月につぼみが付き始めました。

最初はびっくりしました。寄生虫でも出てきたのかと・・・笑

茎に直接花がつくんですね。

↓花

プリスマティカ

とってもささやかな花が咲きました笑

それでも、満開!というような状態になればきれいだろうなと思っていたのですが・・・

1~2つずつ、3日間ほどで咲き終わってしまうので、本当にささやかな開花です笑

でも、ここまで育てることができてうれしいです。

もっともっと立派な株に仕立てたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました