多肉カット苗の郵送方法

こんにちは。100円縛りタニラーの「みーさん」です。

ブログの更新がとっても久しぶりになってしまいました。

ここ1ヶ月は、増えて置き場所がなくなってしまった多肉ちゃんたちを、メルカリやラクマで、抜き苗やカット苗セットとして出品していました。

3月の多肉ちゃんたちは、紅葉していて一番かわいいし、気温が上がって郵送中の凍結の心配も低くなるし、成長期直前で根付きやすいし、カット苗を出品・購入するのにとてもいい時期です。

今まで、何十個もカット苗セットを購入し、そこから増えたものを何十個も発送してきましたので、私の郵送のやり方をまとめました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カット苗は、出品数がダントツで多いメルカリで探すのがおすすめです!
もしよかったら私の招待コード「APFYSH」を使ってくださいね!
お互いに300ポイントゲットできます!
招待された方の情報は、私には届かないので安心ですよ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
スポンサーリンク

↓まずは梱包に使うフードパックを用意

フードパック

私は、ダイソーのフードパックのミニやSサイズをよく利用しています。

フードパックってとても薄いのですが、カット苗セットはフードパックで梱包されていることが多いです。

ダメージがあってもパックがちょっとへこんでいるくらいで、中身はいつも無事に届いています。

↓今回はミニサイズで梱包

多肉カット苗セット

苗がプラスチックにずっと触れているのは良くないので、下にペーパーナプキンを敷きます。

ペーパーナプキンがずれないように、まずは四隅に重めのカット苗を置きます。

大きめの苗を先に入れて、小さな苗を隙間に入れるようにするとギュッと詰めることができて、郵送中に動きにくくなります。

それぞれの成長点がよく見えるように入れると、かわいく仕上がります!

↓上にもペーパーナプキンをのせて、フタをします。

カット苗梱包

この後、透明な封筒に入れるので、3ヶ所をセロテープで止めただけです。

第四種郵便で送るので、中身は完全に覆わず、見えるようにしておきます。

これより大きいサイズの場合は、セロテープの上から更にホチキスで止めて、フタの上に直接宛名シールを貼って発送します。

ちなみに、ミニサイズでも直接宛名シールを貼ったものが届いていたので、最初の頃は私も同様に発送していたのですが、しばらくしてからいつもお世話になっている郵便局の方に「このサイズは規定のサイズよりも小さいので、いつも、横に透明テープをつけてサイズを大きくしてから発送しているんですよ」と言われてびっくり。

お手数をかけていたのも申し訳ないけど、一応見栄えも気にしていたのに、テープがついた状態で送られていたとは。

それ以降、ミニサイズは透明な封筒に入れて送っています。

↓透明な封筒に入れて、宛名シールを付けます。

通気性確保のため、封筒のスミ(これは2ヶ所)をカットします。

フードパックの方は、テープで止めても隙間があるので大丈夫です。

この宛名は、白い紙に書いてカットして、ガムテープサイズの透明テープで貼ったものです。

赤字で「第四種郵便 植物苗在中」と書きます。

第四種郵便で扱うのは植物苗だけではないので、一応明記します。

第四種郵便は重さで料金が決まり、このセットは110円でした。

第四種郵便のサイズ・重さについて

第四種郵便の料金表

*********************************************

さて、実は、上記のカット苗セットの写真は、1月に私の妹にプレゼントしたものです。

お正月に久しぶりに会って多肉の話をしたら、興味を持ってくれました。

冬は凍結の恐れがあるのでカット苗の郵送には向いていないのですが、興味を持ってくれているうちに送りたかったのと(笑)、今年は暖冬で、発送からしばらくは氷点下にならない予報だったこと、同じ都内に住んでいるので、郵送期間も短いだろうと思って発送しました。

↓そして、無事に届いて、寄せ植えした写真を送ってくれました!

寄せ植え

知り合いにカット苗を送ったのは初めてだったので、私が育てた多肉たちで楽しんでもらえてる様子を知ることができて、うれしかったです!

↓更に、最近の様子も送ってくれました!

寄せ植え

ベランダは朝しか日が当たらないそうで、日当たりのいい窓辺に置いておいたそうです。

多肉は外で育てないとうまくいかないと思っていたのですが、意外と伸びていないし、紅葉も残っているし、かわいいですね!

里子に出した多肉ちゃんの成長記録を見せてもらえて、とってもうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました