3年育てたアロマティカス:育て方、増やし方

多肉
スポンサーリンク

こんにちは。みーさんです。

アロマティカスが人気で品薄らしいですね。

いい香りがして私も大好きなのですが、いつでも買えそうなイメージだったのでびっくりです。

また、私もそうなのですが、増えて困っているという話をネットでいくつも見たことがあるので、品薄になるとは、人気が急上昇したってことなのかな?

なにかキッカケがあったのでしょうかね??(テレビで取り上げられたとか?)

↓今現在、販売されています。

スポンサーリンク

我が家のアロマティカス

我が家には、約3年育てたアロマティカスがあります。

↓ふるさと納税で入手してから約1年の成長記録はこちら

↓多肉の返礼品が多いふるさと納税サイトはこの3つ!アクセスして「多肉」で検索!

↓今日のアロマティカス

アロマティカス

アロマティカスは成長スピードが速いです。

好きなんだけど、あまり大きくなっても置き場所に困るのでどんどんカットしているのですが、それでもどんどん大きくなり、鉢増しを続けています。

↓そして、木質化がすごいです・・・

アロマティカス

でも、この写真にも写っていますが、木質化したところからも新芽が出てきますよ。

そして、どんどん増えます・・・

いい香りがしますし、丈夫でオススメの多肉ちゃんです。

私の育て方と増やし方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

育て方

基本的に丈夫です。

害虫や病気で困ったことはないですね。

夏は遮光なしで大丈夫です。

お水が好きなタイプなので、しんなりさせないように水やりします(しんなりしてしまってから慌てて水やりすることも多々ありますが、元気でいてくれています笑)

肥料が好きなので、葉が黄色くなってきたら肥料をあげます。

↓多肉の肥料として一般的なマグァンプ。多肉は小さな鉢に植えることが多いので、小粒がオススメです。

寒さは苦手なので、冬は気を付ける必要があります。

我が家の屋根ありベランダ(日当たり良好、ギリギリで氷点下にならない)では、軽く防寒(多肉棚の前面以外すべて不織布で覆う)して冬越しできていますが、室内越冬した方が安心だと思います。

スポンサーリンク

増やし方

カット苗で増やします。

放っておいてもこんなに増えるとは知らなかったから、入手当初の小株の時はせっせとカットして挿していました笑

水が好きな多肉のカット苗全般に言えることですが、しっかり根付くまでは、水を切らさないようにしたほうがいいです。

ただ、ずっと湿った状態にすると蒸れが気になるので、カット苗を育てる時期には注意が必要です。

冬に弱いアロマティカスの場合は、春にカット苗を育てるのがベストだと思います。

しかし、春にカットしても、ついついしっかり根付いている多肉と同じ水やりをしてしまって、水不足で枯らしてしまったことが多々ありました。

今は、カット苗を植えた鉢をお皿の上に置いて、お皿のお水を切らさないようにしています。

カット苗を挿した上から水をやると、苗が動いて倒れてしまったりするのですが、この方法にするとその心配もないです。

なお、しばらく水に挿しておいて、発根してから植える方法もありますが、根が出てから植えるのはカット苗を土に挿すより大変なので、お皿に水やり方法がオススメです。

↓多肉棚として愛用しているラックです。
屋外用なので丈夫ですし、風通しがいいです。
風を受ける部分がないため、台風直撃でもほとんど動きませんでした(多肉は下ろして、ベランダに平置きにします)
スポンサーリンク
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
↓ツイッター、インスタグラムはこちら!
インスタフォロワー3000人突破!ありがとうございます!
小さな多肉の成長日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました