「パラグアイエンセ」と「パラグアイエンセ ラベンダーフォーム」花が違う!

多肉
スポンサーリンク

こんにちは。みーさんです。

今回は、ずっと疑問を抱いていた、「パラグアイエンセ」と「パラグアイエンセ ラベンダーフォーム」について。

まず、私がネットで調べたことをまとめてみます。

最初に、朧月について触れておきますが、朧月の学名は「パラグアイエンセ」なのですが、日本で主に流通している「朧月」と「パラグアイエンセ」は別物のようです。

そして、「パラグアイエンセ」の斑入りが「パラグアイエンセ ラベンダーフォーム」のようです。

ラベンダーフォームは、大きく育ったら斑が入るという情報が多いのですが、その斑は、あまり安定していないようです。

斑抜けになることが多く、でも、〇年後にまた斑が戻った!ということもあるみたいです。

寒くなったら斑入りになるわけでもないようで、高温障害のようにも見えますが、斑が入っているラベンダーフォームはきれいです。

我が家のラベンダーフォームは、まだ小さいからか、斑が入ったことはないです。

そして、我が家にはパラグアイエンセもあるのですが、これは「斑が入っていないラベンダーフォーム」とそっくりであるはずなのですが・・・なんか違うんですよね。

↓上:パラグアイエンセ、下:ラベンダーフォーム

パラグアイエンセの方が倍くらい大きいし、違う鉢で育てているのでちゃんと比較できないのですが、それでもやっぱり違うんですよね。

葉の色とか、あまり紅葉しないとか、似ている点もたくさんあるのですが、ラベンダーフォームの方が葉が細いです。

そして、写真にも写っていますが、どちらも4月に花が咲きました。

花が咲いたらはっきりすると思って、ずっと待っていました。

↓左:パラグアイエンセ、右:ラベンダーフォーム

パラグアイエンセの花

違う・・・よね!?

パラグアイエンセの花は、あまり開かないタイプでした。

ラベンダーフォームの花は、うっすら赤いフチがあるのが特徴的ですね。

なお、朧月の花は白いようなので、この3つは別物という結論でいいのかな。

いつか、ラベンダーフォームに斑が入ってほしいな~。

↓多肉棚として愛用しているラックです。
屋外用なので丈夫ですし、風通しがいいです。
風を受ける部分がないため、台風直撃でもほとんど動きませんでした(多肉は下ろして、ベランダに平置きにします)
スポンサーリンク
↓ランキングに参加しています!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
↓ツイッター、インスタグラムはこちら!
インスタフォロワー3000人突破!ありがとうございます!
小さな多肉の成長日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました